2014年2月4日火曜日

VISIT FREEDOM PERFORMANCE

先週、ロサンゼルス空港近くにある、FREEDOM PERFORMANCEに行って来ました。

FREEDOM PERFORMANCEは、9年ほど前に、元VANCE & HINESのマフラーを設計担当者が立ち上げたブランドで、ハーレーは勿論、日本車、その他のマフラーを自社生産しています。

パイプベンド~クロームに至るまで、全て内作だそうです。

残念ながら、時間がなく工場内は見られませんでしたが、雰囲気だけでも味わってください。


最近のカリフォルニア州法変更に伴い、アフターマーケットのマフラーが州内には販売できなくなっています。
大手メーカーは、他州へ移動したり閉鎖に追い込まれてしまいました。

カリフォルニア州内に販売した場合、1本につき$3万(約300万円)の罰金だそうです。


そんな状況の中で、FREEDOM PERFORMANCEは元気に頑張っていました。









まだ、カタログに掲載されていない新商品


エンドピースには、セラミック加工が施されていて、
耐久性は抜群だそうです


出荷待ちのマフラー














オフィスにで、消音機について色々説明してくれましたが、
これらも全て内作だそうです












これがFREEDOMマフラーのパフォーマンスとサウンドを左右する
オリジナル・バッフル(消音機)







2/8~9にシンシナティーで開催されるV-TWIN EXPO
に出展のため、出発準備をしていました